サイトメニューはここから
サイトメニューはここまでです。

原弘産の会社案内

沿革

昭和61年3月 有限会社原弘産設立
平成3年7月 自社分譲マンション(アドバンスシリーズ)の販売を開始。
平成5年7月 株式会社原弘産に組織変更。
平成6年1月 新社屋ビル完成
平成8年3月 山口営業所(現・山口支店)を開設。
平成9年3月 財団法人高齢者住宅財団に対してシニア住宅認定を申請。
(その後、平成10年3月に民間で初めてシニア住宅の認可を受ける。)
平成10年11月 原弘産不動産情報センター(現・不動産仲介・販売グループ)を開設
平成11年5月 新下関店(現・アパマンショップ新下関店)を開設。
平成11年9月 山口市黄金町で初めて太陽光発電システム付マンションの販売を開始し、完売。
平成12年3月 太陽光発電システムの販売を開始。
平成12年10月 介護保険開始に伴い、高齢者介護向け賃貸マンションを竣工。本格的なシニア事業を開始。
平成13年9月 大阪証券取引所市場第2部に上場。
平成14年1月 「アドバンス21貴船」、第6回「新エネ大賞」経済産業大臣賞受賞
平成14年2月 原弘産ビルを流動化し、原弘産ビル一優先出資証券の募集を開始。
平成17年1月 欧州風力発電機メーカーより風力発電機に関する特許を取得し、風力発電事業に参入
平成17年9月 賃貸事業においてウィークリー、マンスリーステイ事業を開始。
平成17年10月 シニア事業に対する取り組みの姿勢が評価され、第17回住宅月間功労者・国土交通大臣表彰(団体)を受賞
平成20年12月 高齢者介護向け賃貸マンションを譲渡し、シニア事業から撤退。
平成21年8月 特許等の売却に伴い、風力発電事業より撤退。
平成25年7月 株式会社大阪証券取引所と株式会社東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、株式会社東京証券取引所市場第2部に上場
平成25年12月 湖南原弘産房地産開発有限公司の株式全部を譲渡し、中国より撤退。
平成27年11月 アパマンショップゆめタウン長府店を開設。